矯正歯科

原因不明の疼痛、歯軋り、額関節症

 以前から「歯が痛い、しみる、歯軋りがひどくなった」などの自覚症状を訴える患者さんがいらっしゃいます。ですが、レントゲンを撮っても異常がない。外観も綺麗で異常がない。

今まではしみなくなるお薬をつけたり、歯の神経をとったりしましたが現在ではストレスによる症状ではないかと言われております。

 例えば受験生の子が歯痛で来院。毎日のようにお薬をつけていましたが、受験が終わったら嘘のように治りました。

同じような症例の子が来た時に今度は心療内科の先生とも相談しまして、ご両親に説明。心療内科で抗不安剤をだしていただいたところ2回程の服用で全く症状が消え、受験終了で内服も中止できました。

歯軋りも最近では、抗不安薬の使用でほとんどが治ることが分かってきました。

 「仕事場に新人がきた」「上司がかわった」「移動があった」「家族が認知症かもしれない」などの対人関係の変化による心理的ストレスが想像以上の結果を体におよぼします。顎関節症も夜中の食いしばりや歯軋りが原因した筋肉の炎症によるものと言われており、マッサージや抗不安剤の投薬など、今までとは違うアプローチで成果が上がっております。

また、大学病院でのごく最近の研究では筋肉の痛みが歯の痛みとして認識されてしまうということが分かってきたそうで、人間の体は心とも密接な関係があり、複雑です。

歯科の大学病院には疼痛専門の科や顎関節症専門の科があり、また、医科の心療内科との連携が不可欠な時代と言えます。

広がる保険適応

 本診察に限り、通常とは異なり『毎月第3火曜日の18時30分から』の診察となります。なお、当歯科医院へのお電話による事前予約が必要になりますので、ご注意ください。

矯正歯科の診療のご予約は前田歯科医院へ

診療のご予約/お問い合わせ

0422-47-8850

診療時間

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀7丁目16-13


このページの先頭へ