歯周病治療

栄養の入り口はお口です

 生活環境の向上と共に各種情報が入手しやすくなり、患者様のデンタルIQがアップするのに反比例して虫歯が減っております。ですが、歯槽膿漏、歯肉炎と呼ばれる歯周組織の病気が増えており、それによって失われる歯も多い傾向が見られます。

さらに現在では肺炎や心臓病、糖尿病、低体重児などにも深く関係が指摘されております。

 歯周組織の病気は自分で管理ができ、また、定期的なプロによるお掃除でケアができます。それは虫歯の発生をおさえて、早期発見にもつながります。

栄養の入り口はお口です。お口の健康が全身の健康につながります。

広がる保険適応

思春期のお子さま

 思春期においては、部活や塾帰りの軽食や不定期なおやつの摂取によって口腔内は常に不潔な状態で口臭や悪化した歯肉炎が多々見られます。歯科医師会では、市に対して思春期のお子さまの検診が重要なポイントになると提唱してきております。

 

思春期のお子さま

 思春期においては、部活や塾帰りの軽食や不定期なおやつの摂取によって口腔内は常に不潔な状態で口臭や悪化した歯肉炎が多々見られます。歯科医師会では、市に対して思春期のお子さまの検診が重要なポイントになると提唱してきております。

診療のご予約/お問い合わせ

0422-47-8850

診療時間

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀7丁目16-13


このページの先頭へ